キレイ、オシャレ、遊び、お金。
OLが好きなもの、欲しいものを我慢せず全部手に入れるためのご提案

ダイエット

たとえば155㎝50㎏が45㎏に痩せる程度のダイエット講座

ダイエット
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、たまみです。

テレビとか、ダイエット系のインフルエンサー的な人達が

「1か月で10㎏ダイエット成功!」

とか

「50kgのダイエットに成功した方法……!」

とかいって特集してるのって、確かにすごいんですがちょっとモヤ

なんていうか……我々そこまで伸びしろのある巨デブではないからして……

参考にはしにくいというか……いや、勿論そなたの努力は凄いのであるが……

やはり100㎏にとっての5㎏減量と、50㎏の5㎏減量は難易度も違うといいますか……

ってか、まどろっこしいことはもう言わねえ!!!!!

クソデブが小デブになるためのダイエット法じゃなくて、

小デブが並~中の上くらいになるためのダイエット法を教えんかい!!!!!

ここでは小デブ代表(身長155㎝級)がかつて57kg→48kgまで3か月で落としたという煌びやかな実績をもと、責任を持ってその理由を調査してお伝えいたします。

↑そもそも「続ける」ということに躓いている方はこちら
スポンサーリンク

結論:小デブはライザップ先生を大人しく見習い、筋トレ×糖質制限

ブーチブーブーチブー

ライザップ

これしかないです。

「ええ~~ッ!? なんか裏ワザ的な、〇〇だけダイエット的なのないの!?」

「ここで怪しい海外のサプリとか器具を押し売りしてくるんじゃないの!?」

ないです。

押し売りもないです。

もうライザップに入会するしかない。

まあでも高いんで、お金あって痩せの期日が差し迫ってる人はさっさと信頼と実績のライザップるべきですが、漠然と痩せたい、あまり課金したくない、っていう人はセルフで筋トレ×糖質制限をしていくのが一番です。

スポンサーリンク

そもそもなぜ:筋トレが-5㎏を目指す小デブのダイエットに向く理由

「いらすとや ダイエット」の画像検索結果

ダイエット = 有酸素運動 、つまり走ったり転んだり泳いだり溺れたりするイメージが強いですが、それの効果が強く出るのは伸びしろのある巨デブ。

小デブがやるなら断然筋トレ! 理由は以下より。

筋肉量が増えると「太りにくい体」を作ることができる

有酸素運動と違って無酸素運動、すなわち筋トレにはそれ自体に「脂肪を燃やす効果」があるわけではありません。

しかし、筋トレで筋肉量を増やすことにより基礎代謝による消費エネルギーが増えると、「太りにくい体」を作ることができます

基礎代謝とは

人間が声明を維持するために使われるエネルギーのこと。

動かずにじっと座っている時も、寝ている時でさえも基礎代謝による消費カロリーは絶えず発生している。

つまり、基礎代謝さえ上げちまえば、生きているだけで使う消費カロリーが増えるので、特別な運動をしなくとも太りにくくなる!

え……生きているだけで……痩せる??(極端)

「いらすとや 筋肉」の画像検索結果
きんにくん、最近元気でしょうか

筋肉量が増えるとリバウンドしにくい

逆に筋トレをしないダイエットはリバウンドのリスクが高くなってしまいます。

先ほどご紹介した基礎代謝と関係しているのですが、たとえば巨デブがよくやる食事制限。

食事制限をすると、体がエネルギー不足の状態に陥り、筋肉中のたんぱく質を分解し、勝手にエネルギーとして利用するようになってしまいます。

つまり筋肉量が減ってしまう。

筋肉量が減ると基礎代謝が落ちる、逆に痩せにくい体になってしまう。

ダイエットに筋トレを取り入れることは、リバウンドの防止にも繋がるというわけです。

スポンサーリンク

そもそもなぜ:糖質制限が-5㎏を目指す小デブのダイエットに向く理由

「いらすとや ダイエット」の画像検索結果

お次は糖質制限について。

昨今「糖質」という単語は1日に5回ほど聞くようになりましたが、それを制限することがどうしてダイエットに繋がるのでしょうか。

糖質制限をすると血糖値の急上昇を防ぐ

糖質は、たんぱく質や脂質に比べて、摂取した際の血糖値の急激な上昇をまねきます。

血糖値が急に上がると、それを抑えるために「インスリン」というホルモンが多く分泌されます。

インスリンとは

血液中に存在する糖分を脂肪細胞に取り込むよう促す働きがある。

インスリンが多く分泌される = 血液中の余った糖分を脂肪に引き込み、体脂肪が蓄積されることに繋がってしまう。

つまり糖質を多く取ることによって、体がバグって(語弊)脂肪を蓄えまくってしまうということ!

反対に、糖質の摂取を制限することによって、体が脂肪を蓄えることを一定防ぐことができます。

糖質制限をすると中性脂肪をエネルギー源として利用するようになる

体を動かすためのエネルギーにもなる糖質の摂取を控えることにより、体内ではエネルギー不足を補うため、蓄積されている中性脂肪や体脂肪を分解してエネルギー源として利用するようになります。

もっと噛み砕いて言えば、制限された糖質の代わりに脂肪をエネルギーとして燃やすぜ! というわけです。

あまりにも素晴らしい体の仕組みですね。

まとめ:小デブには小手先の技がきかない。地道に筋トレ×糖質制限

テレビCMで散々話題になったライザップのサービス内容を分解すると、結局はそれも「筋トレ×糖質制限」に繋がっています。

「ひとりで筋トレも糖質制限もできるよ!」

って人はもちろんセルフで。

「筋トレとか糖質制限とか、続ける自信も時間もねえや! でも金はあるんだな!

って人はライザップに入会しましょう。

女性向け専門もできたんですね。

しかしここは「私自身が実際に経験したこと」を提供する、リアルガチを売りにしている(ので誰か買ってほしい)ブログなので、ライザップの入会はひとまずゴリ押しせず、セルフでダイエットするためのノウハウについて今後追記していきます!

「「これがオレのバリューセットだ!」とドヤ顔をキメるピザ」の写真[モデル:朽木誠一郎]
おれ達の旅はまだまだ続く!
みんな、見てくれよな!

タイトルとURLをコピーしました