美容

【初心者でもたった4ステップ!】ジェルネイル、簡単オフの仕方

美容
この記事は約7分で読めます。

こんにちは、たまみです。

コロナによる外出自粛で、ジェルネイルサロンに行けない……

伸びてきたし、どうにかセルフでオフできないかな?

セルフジェルを始めようと思うんだけど、まずは今ついてるジェルをオフしないと……

本日は、

  • 必要最低限のアイテムで簡単にできる、セルフでのジェルネイルオフの方法
  • セルフオフ後のケア方法

について、ジェルネイル歴2年、プロネイリストではない私が、初心者の方へ向けてご紹介します。

スポンサーリンク

最も簡単にジェルネイルをセルフでオフする方法

爪にクリームを塗るだけで、つるんとオフできるという超画期的なアイテムも存在します。

しかし人気すぎていつ見ても品切れ中なので、在庫があればラッキー、購入必須です。


スポンサーリンク

ジェルネイルのオフに必要なもの

新たに用意するアイテム

①粗めのファイル

1本50円ほど

「ファイルって何?」

と思われている方、ファイルとはネイル用の爪やすりです。

ジェルネイルのオフに使えるファイルは目の粗いもの、具体的にはグリット数80~100が適しています。

消耗品ですが、通販ではだいたい3本セットで150円とか、激安なので安心してどんどん購入してください。

②ネイルリムーバー

1500円ほど

通常のマニキュア用リムーバー(除光液)ではなく、ジェルネイルをオフできるリムーバーを用意しなければなりません。

1本買ってしまえば1年くらい持つので、お店でオフすることを考えれば非常に安い買い物です。

「どれ買ったらいいのか分からない!」

という場合は、リムーバーとファイルを合わせて「ジェルネイルオフセット」として売っているところもあるので、レビューの高いものを適当に選んで頂ければと思います。

家に既にあるであろうアイテム

①アルミホイル 20㎝程度

適当な長さで切ったアルミホイルを準備してください。

くっつきにくいホイルでも、くっつきやすいホイルでも、何でも大丈夫です。

②コットン 3枚

リムーバーを浸透させるために使います。

③ハサミ 1本

コットンを4等分に切るのに用います。

コットンを自力で破れる方であれば不要です。

④ティッシュ 1枚

爪を削る際に、びっくりするほど粉が散るので下敷き用に。

粉が散りまくっても気にならないのであれば不要です。

あれば便利なアイテム

アルミホイルを固定するもの

700円ほど

なくても大丈夫ですが、今後もセルフオフを続けるならば準備するのがおすすめです。

スポンサーリンク

ジェルネイル、セルフオフの仕方4ステップ

以下、写真を撮るのを忘れ、代わりに撮った動画のスクショと共に解説します。(画質が悪く申し訳ないです……)

まずは伸び切ったジェルネイルを用意します。

①爪全体をファイルでしっかり削る

粉がハチャメチャに飛び散るので、作業する机等にティッシュを1枚引いてから、ファイルで爪全体をしっかり削っていきます。

爪に乗っかるジェルネイルに、まんべんなく傷を付けていくようなイメージです。

大きなパーツ等が付いている場合、そこをより重点的に削ってください。

削っている途中でパーツがポロっと落ちればベストですが、そこまで無理しなくても大丈夫です。

勢いあまって自爪まで削らないように注意してください。

②ジェルネイルにリムーバーを染み込ませる

用意したコットンを、はさみで4等分に切り、それぞれにジェルネイルリムーバーをたっぷりと染み込ませてください。

染み込ませたコットンを爪の上にそれぞれ乗せて、それが落ちないようにアルミホイルでしっかりと包み込みましょう。

「なぜアルミホイル?」

リムーバーが揮発しにくくなり、きちんとジェルに浸透するためです。

巻いているアルミホイルがどうしても落ちるよ! という場合は、固定するアイテムも売っているので、それを購入するのも手。

繰り返し使えるので、今後もセルフオフを検討されている方にはおすすめです。

③10分~15分間放置する

リムーバーがジェルネイル全体へ浸透するまで待ちます。

好きなYouTubeなんかを見て待つのがおすすめです。

お笑い系のYouTubeはほとんど10分から15分なので、ちょうどいいです。

④アルミホイルを剥がして、残ったジェルをファイルで優しく削る

アルミホイルとコットンを爪から剥がしてみてください。

かなりジェルネイルが脆くなっているのが分かると思います。

爪に残ったジェルネイルを、先ほど使用したファイルで削り取りましょう。

しっかりとリムーバーが浸透していれば、ほとんど力を入れずにオフできるはずです。

ここでも力を入れすぎると爪に負担がかかるので、先ほどよりも優しく削ります。

ジェルネイルをセルフでオフした後のケアは?

ジェルネイルをオフした後は、爪が非常に弱っている状態。

その後のケアは、直後に新しいジェルネイルをするか否かで変わります。

オフ後すぐに新しいジェルネイルをする場合

オフする際の処理で、すでに表面はジェルの定着しやすい凹凸状態になっています。

そのため、表面に付着した粉等を、コットンに浸したリムーバーで軽く撫でるように拭き取るだけで、すぐにベースジェルを塗り始めることができます。

オフ後はジェルをせず、すっぴん爪でいたい場合

綺麗な爪の整え方・切り方!爪の形で指先の長さは決まる – 生活創造を ...

ネイルサロンではジェルネイルをオフした後、より細かいファイルで表面をツルツルに磨き整えます。

しかし、初心者の方がプロを真似ると、爪を削りすぎ、薄くし過ぎてしまうためおすすめしません。

爪を削り過ぎてしまうと、割れや欠け等、非常に見栄えも悪く、再び伸びるまでの時間を要してしまいます。

しかしそのまま放置ではあまりにも見栄えが悪い……

そこで私がおススメするのは、爪の保護と再生を促してくれるタイプのマニキュアを塗ることです。

「マニキュアを塗ったら、結局爪を休ませることができなくない?」

と思われるかもしれませんが、ご安心ください。

むしろジェルオフ後に傷んだ爪は表面に晒しっぱなしにするより、マニキュアを塗ってあげたほうが蓋のような役割を果たし、自爪表面の乾燥を防ぎます。

ただし、同じマニキュアを塗りっぱなしはよくないので、1週間を目途にしっかりオフして、塗りなおしてあげることがおすすめです。

1か月もすれば何も塗っていない状態でも、オフ直後より爪が元気に戻ります。

完全に生え変わるのには3、4か月かかるので、かなり長期戦になるでしょう。

ずっとジェルネイル派! な方も、爪への負担を考えると数か月に1度はマニキュア期間を設けることがおすすめ。

ジェルネイルによる自爪への負担は、セルフでもプロでもほぼ同じです。

自爪休憩におすすめなマニキュア

Amazon | 胡粉ネイル 水桃(みずもも) | 上羽絵惣 | マルチネイル ...

かなり有名ですが、胡粉ネイルが完全オーガニックでおすすめ。

色も可愛いものが沢山、マニキュア独特の刺激臭がなく、速乾。

通気性もあるので、爪に完全に蓋をしてしまうことを防ぐことも可能です。

ジェルネイル、簡単オフの仕方まとめ

【必要なもの】

  • 80~100グリットのファイル
  • ジェルネイルリムーバー
  • アルミホイル
  • コットン3枚

【簡単オフの4ステップ】

①爪全体をファイルで削る

②リムーバーをジェルネイルに浸透させる

③10~15分待つ

④残ったジェルをファイルで落とす

【オフ後のケア】

爪に優しいマニキュアで保護する

初心者でも、お店では1回2,000円ほどかかるジェルネイルのオフを、セルフで簡単にできます!

プロによるジェルネイルのオフも、大まかな手順はほとんど同じ。

今回はプロネイリストではない人間の目線で、本当に必要なアイテムと段取り、セルフ向けのケアをご紹介しました。

セルフジェルはハマれば本当に楽しいので、この機会にぜひ、ステップアップして挑戦してみてください!

※セルフジェルを後々始めるためにキットを揃える場合、すでにキット内にオフ用のアイテムが全て入っている可能性があるのでご注意ください!

タイトルとURLをコピーしました