キレイ、オシャレ、遊び、お金。
OLが好きなもの、欲しいものを我慢せず全部手に入れるためのご提案

おうち ライフハック

Amazonプライム会員やめるべき?【元をとる方法と類似サービスとの比較】

おうち
この記事は約8分で読めます。

こんにちは、たまみです。

気づけばAmazonプライム会員になってから早2年。

気が付けば年会費もこっそり、2019年4月12日から3,900円→4,900円へ、月会費は400円→500円へ値上げされている……

私は年会費ユーザゆえ、解約するタイミングを逃し、もう逃したんなら「元をとる」ほかないだろうと諦めた次第であります。

アマプラ、なんとなくずっと入ってるけど元を取れてるのか気になる……

あまり使わない自分はもうやめるべきなのかな?

他の類似サービスとの比較も知りたい!

暇だしアマプラ入ろうか悩んでる!

でもAmazonでの買い物はあまりしない方だし……

各サービスの損益分岐点はどのあたりなんだろう?

本日は、

今もうすでにAmazonプライム会員である人

これからAmazonプライム会員になろうか悩んでいる人

皆さんへ向けて、

「ぶっちゃけアマプラ会員ならこんだけ使えば元がとれる! それより使ってないなら元はとれない……」

そんなお話を具体的な計算をしながらお伝えします。

スポンサーリンク

Amazonプライム会員とは

Amazonプライムは得なのか。12の特典をトコトン解説 | 有限工房

Amazonプライムの主要サービス

①2,000円未満の購入時の配送料が無料

②お急ぎ便、日時指定便が無料

③Amazonプライムビデオで映画やドラマ、アニメなどが見放題(※一部有料)

④Prime Musicの音楽が聴き放題に

⑤Kindle端末を4,000円引で購入可能

⑥Kindle本が毎月1冊無料

⑦Prime Readingで無料で本を読める

⑧Amazonプライムデー(セール)に参加できるようになる

⑨プライムフォトで写真を無制限に保存できる

⑩Amazonファミリーでおむつとおしりふきがいつでも15%引き

以上が主要サービスになります。

Amazonプライムの料金

2020年6月8日現在、

月会費 → 500円 (年間6,000円)

年会費 → 4,900円

となっております。

年会費の方が月会費にくらべて、年間1,100円もお得!

もしあなたが、既に1年以上アマプラ会員を続けているにもかかわらず月会費会員であるのならば、すぐに年会費会員に切り替えることがおすすめです。

スポンサーリンク

Amazonプライム会員やめるべき?【元をとる方法と類似サービスとの比較】

他人と比べることには意味がない」と考えることの本当の意義 | ライフ ...

ではさっそく、Amazonプライムをやめるべきか、続けるべきか、はたまた入会すべきなのか。

「各Amazonプライムサービスは単体だと、一体どれだけ使えば元がとれるのか」

「類似した他のサービスに比べてそもそも安いのか、高いのか」

について、ご紹介していきます。

①2,000円未満の配送を年14回以上使用で元がとれる!

Amazonのダンボール箱一覧リスト: カミノデザイン【kaminodesign】

Amazonでの商品の購入は、総額が2,000円以下だと350円(税込)の配送料がかかります。

対してAmazonプライム会員であれば、えんぴつ一本から、10円から無料!

「送料を無料にするために、特別欲しいわけでもないものを注文しないといけない……」

という心配が一切いらなくなります。

不要不急の買い物を少しでも抑えることができるので、この点は本当にありがたいですね。

Amazonプライムvs他のオンラインショッピング

「だいたい何でも売っている」

というオンラインショッピングサイトについて、それぞれの送料を比較してみました。

Amazonプライム全品送料無料
楽天市場3,980円以上購入で送料無料、ショップっては100円から送料無料
Yahoo!ショッピングショップによる
ヨドバシカメラ全品送料無料

Amazonに比べて商品取り扱い数は少ないですが、有料会員登録なしに、いつでも送料無料をしているヨドバシカメラは強いですね!

②お急ぎ便、日時指定便を年14回以上利用で元がとれる!

発送」と「配達」「配送」の違いは? | 1分で読める!! [ 違いは? ]

お急ぎ便、お届け日時指定便は、Amazonプライム会員でない場合どちらも1回につき360円(税込)かかります。

「〇日までにあれが必要になった!」

「オンラインショッピングをしたいけど、不在にしていることが多い……何度も再配達してもらうのは申し訳ないし、この時間に持ってきてくれればな……」

といった悩みを解消してくれるサービスです。

Amazonプライムvs他のオンラインショッピング

Amazonプライム全て無料
楽天市場「あす楽」対象商品であれば無料でお急ぎ便利用可。
日時指定はショップの配送方法に準ずるが、
日時指定可能配送方法であれば無料で利用可
Yahoo!ショッピング「あすつく」「きょうつく」大正松陰であれば無料でお急ぎ便利用可。
その他日時指定に関しては楽天市場と同じ
ヨドバシカメラ対象商品であれば無料でお急ぎ便利用可。
日時指定に関しては全品無料で利用可。

配送に関してはやはり、ヨドバシカメラが強い!

欲しい商品の取り扱いがありさえすれば、本当に心強いサービスですね。

③Amazonプライムビデオで年間、映画なら13本、ドラマなら16話以上、アニメなら23話以上視聴すると元がとれる!

So-net光で選べる3つのテレビ視聴サービスを比較&解説 ...

こちらについては、それぞれ解説していきます。

映画→年13本以上!

Amazonプライムに入会していない場合、HD高画質の映画は1本あたり400~500円でレンタルすることになります。

プライム会員であれば、対象映画は全て無料!

年13本であれば、月に1本、たまに2本見ればすぐに元が取れる計算になります。

ドラマ→年16話以上!

Amazonプライムに入会していない場合、HD高画質のドラマは1本あたり324円でレンタル可能です。

プライム会員であれば、対象ドラマは全て無料!

16話であれば、日本のドラマであれば1クールとちょっと見ることにより、元が取れます。

アニメ→年23話以上!

Amazonプライムに入会していない場合、HD高画質のアニメは1本あたり216円でレンタル可能です。

プライム会員であれば、対象アニメは全て無料!

23話であれば、1クール12話のアニメを2作品見ることにより、元が取れます。

Amazonプライムvs他のVODサービス

サービス名料金作品数
Amazonプライム年間4,900円/月額500円(税込)64,000本以上
U-NEXT月額1,990円(税抜)130,000本以上
Hulu月額933円(税抜)50,000本以上
TSUTAYA TV月額933円(税抜)8,000本以上
NETFLIX月額1,450円(税抜)10,000本以上

本数だけで言えばU-NEXTが断トツ!

Amazonプライムでは有料会員であったとしても、観るのに追加で料金が必要な作品も多いですが、U-NEXTであればほとんどその心配もありません。

とはいえ、Amazonプライムは本数と月額費のバランスがとてもいいですね。

④Prime Musicの音楽を月2曲以上聞けば元がとれる!

過去によく聴いていた音楽を聴くと懐かしくなるのは何故?に答えまshow ...

Amazonプライムミュージックでは、一曲あたり250円で販売されている曲がほとんど。

そのため、元をとろうと思えば年間で20曲、月にすると約2曲聴けば元がとれる計算になります。

とはいえ、1曲を1回聴くために250円を支払うような使い方をする人はいないと思うので、現実的な数字に言い換えてみましょう。

たとえば、1曲あたり5分くらいの曲をプレイリストに入れて移動時間やBGMなどに、1時間聴けばそれだけで20曲分に。

毎月そのプレイリストを聴けば、より現実的に元がとれると言い切れるでしょう。

また、プライムミュージックのメリットは気軽さ。

「流行の曲をちょっと聴いてみたい!」

「お気に入りの曲を開拓してみたい!」

といったニーズに対しても答えてくれることでしょう。

Amazonプライムvs他の定額音楽サービス

サービス名料金楽曲数
Amazonプライム4,900円/月額500円200万曲
Amazon Music Unlimited980円6500万曲
Apple Music980円6000万曲
LINE MUSIC960円5500万曲
Google Play Music980円4000万曲
楽天ミュージック980円6300万曲

Prime Musicは曲数こそ控えめですが、他のサービスに比べて断トツ安いですね。

月額980円を追加することにより、6500万曲聴き放題と定額音楽サービスの中では断トツの曲数に。

時点で曲数が多いのは楽天ミュージック。

定額音楽サービスはどこも示し合わせたかのように同一の値段なので、どうせ同じ値段を支払うなら楽曲数の多いサービスを選びたいですね。

スポンサーリンク

Amazonプライムでは元をとらない方が難しい!

画像 : ノーベル賞確定!?新万能細胞 STAP細胞で何ができるの ...

Amazonプライムの主要サービスと、その損益分岐点、類似サービスとの比較をしていきました。

結論として、Amazonプライムは「普通に使っていたらすぐに元がとれる」ということが分かりました。

ちなみに、Amazonプライムの年会費は4,900円ですが、1月あたり408円、コンビニコーヒーたった4杯分です。

もっと細かくすれば1週間で100円以下、1日あたり13.4円です。

余談ですが、Amazonプライムの日本での会費は、他国に比べて随分と安いのをご存知でしたか?

年会費日本円
アメリカ119アメリカドル約13,000円
イギリス79ポンド約10,500円
ドイツ69ユーロ約8,300円
フランス49ユーロ約5,900円
イタリア36ユーロ約4,300円
オーストラリア59オーストラリアドル約4,400円

先進国ほど年会費が高いことが分かると思います。

日本では2019年4月に値上げをしましたが、今後さらに値上げされることは十分に考えられます。

Amazonプライムをうんと楽しむなら今! がチャンスなのかもしれませんね。

というわけで、Amazonプライムの「元がとれるか、否か」「類似サービスとの比較」でした。

Amazon利用者であればぜひ、検討の価値ありですね!

タイトルとURLをコピーしました