ライフハック

国内旅行の荷物を減らす10のアイディア・化粧品編【旅慣れ女子】

ライフハック
この記事は約9分で読めます。

こんにちは、たまみです。

国内・海外問わず旅行が大好き!

国内旅行は、ライブでの遠征も含めると月に1度は必ずするほど大好き!!

しかし毎回悩みませんか?

そう、「荷物」。

 

国内旅行だから荷物は極力減らして、リュック1つで行きたい!

ライブの遠征だと移動も多いし、少しでも身軽になりたいな!

 

移動も多いし旅行の荷物はできるだけ減らしたい……

とはいえ、女性ならメイク道具やら何やら、どうしても男性より荷物は嵩張りがちだよね……!

旅好き女子の永遠テーマ、「荷物を減らす」

もちろん、車での旅行であれば荷物については気にしなくてもいいですが、新幹線や飛行機、公共交通機関を使うのであれば、ラクに動くために少しでも荷物は軽くしたいところ。

荷物をロッカーに預けるプチ出費や、飛行機での重量オーバーなど、塵も積もれば山となるで、意外と大荷物の弊害はお金にも関わってきます。

無理せず、必要なものを諦めない、それでいてコンパクトな荷造りができればいいのに……

本日はそんな皆さんの抱えるお悩みを、月1国内旅行で試行錯誤して築き上げたノウハウで、友人からはいつも

「たまみ荷物少なくない!?」

と必ず不思議がられる私が、解決のお助けをいたします。

スポンサーリンク

国内旅行の荷物を無理なく減らすには【化粧品編】

旅行時の荷物をコンパクトに!スッキリさせるパッキング術 | IMATABI ...

たまに見かけるのが

「超軽量荷造り!ちなみに基礎化粧水はリップクリームで代用!基本日焼け止めのみのノーメイクで旅するよ!」

というアイディア。

確かに、究極の旅ミニマリストを目指すのならそれは正しい戦法かもしれません。

でもせっかくの旅行。

どうせなら、いつもよりバッチリメイクの決まった、盛れまくった姿で旅先で写真を撮りまくりたい!!

私が提案する「旅行の荷物を無理なく減らす方法」は、

  • 持っていきたいものは持っていく
  • ただし、工夫して極限までコンパクトにして持っていく

がテーマです。

荷物の重さも妥協したくないけど、旅先での思い出はもっと妥協したくない。

それをテーマに、前置きも長くなりましたがさっそく以下より「無理なく旅行の荷物を減らすアイディア」についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

国内旅行の荷物を無理なく減らすアイディア10選【化粧品編】

今からご紹介するアイディアを活用すれば、例えば一泊二日でもこんなにかさばる化粧品たちが……

 

ここまでコンパクトに!!!

 

しかも帰り道には、さらにここまでコンパクトに!!!!!

 

メイクポーチって、どうしても嵩張りがち!

旅上手女子の、荷物を減らす方法まず第一歩は、化粧品から。

①使い切りの液体物はストローに詰める

よくバラエティショップで見かけるのが、旅行用の詰め替え容器。

でも容器だと、勿論そのまま持っていくよりは軽いしコンパクトだけど、お土産の増えた帰り道には空の容器がバッグを圧迫してちょっと邪魔……

そんな時におススメなのが、液体物inストロー方式!

プラスチックストローに、化粧水や乳液、シャンプー、リンスなど液体物を入れ、両端をヘアアイロンで熱し封をするという、簡易手作りパウチです。

使う際には眉ばさみなどで切って中を出し、カラになったストローはそのままポイできるので、行きは非常にコンパクト、帰りは手ぶらが実現します。

また、普段から使い慣れたものを持っていくことができるため、試供品などを使い肌が荒れる心配もありません。

ストローですが、私がおすすめするのは細いものではなく、タピオカ用のもの!

口が大きく、どのような容器からも移し替えやすいので非常に使いやすいです。

①ストローを好みのサイズに切って

②片方をヘアアイロンなどで熱し、封をする(※キッチンペーパーを挟むのがおすすめ)

③持っていきたい液体物を入れて

④もう片方を再び熱し封をする

慣れれば1本あたり30秒くらいで作れるので、「使い慣れたものを極限までコンパクトにして持っていきたい」方におススメ!

万一封が甘かった時用に、液体物を入れたストローは全て、まとめてジップロックなどに入れて持っていきましょう。

中に何が入っているか分かるように、マジック等で目印を書くことをおすすめします。

②ファンデーション、下地などはソフトコンタクトケースに入れる

そろそろ替え時かな? と処分する前のコンタクトケース、ぜひ取っておいてください!

コンタクトケースは、元々洗浄物を漏らさないようにしっかり作られているため、洗浄液以外の液体を入れるのにも適しているんです。

コンパクトだし、必要な分だけ使えるのが本当に便利!

私はいつも左に下地、右にファンデと、分けて使用しています。

③フェイスパウダーはコットンに包んでで使い捨て化できる

ルースパウダーだと超かさばるし、だからといってプレストパウダーでもある程度は厚みがある……

そんな時に便利なのが、コットンで作る使い捨てパウダー!

作り方は超簡単。

①コットンを薄く、ちょっとだけさいて

②その隙間にルースパウダーを少しだけ挟む

③小分けの袋に入れる

たったこれだけ。

使うときは袋から取り出し、そのまま頬に優しく叩くだけ!

パフまでいらない超コンパクト使い捨てパウダーの完成です。

普段の化粧直しにも大活躍なので、1つ持ち歩いておけば大変便利です。

④クレンジングはダブル洗顔不要をチョイス

クレンジングと洗顔、それぞれ先ほどご紹介したストローに詰めてもいいのですが、1つ作るのに30秒だとしてもやっぱり、ちょっと面倒……

それに持っていくパウチストローが増えれば増えるほど、中に何が入っているのか分からなくなる……!

そこでおすすめしたいのが、断然ダブル洗顔不要のクレンジング。

近年は様々なメーカーが、ダブル洗顔不要のものを作っているので、お好みのものをお選びください。

ダブル洗顔不要はオイルタイプのものが比較的多いので、まつエクさんにはこちらがおススメ!↓

https://tamamichan.com/2020/02/26/cleansing-review-oil/

⑤チークはブラシいらずの練りチークが超便利

ブラシ内蔵型のチークであれば問題ありませんが、粉チークにはブラシがついていないことも多々あります。

また、ブラシがついていると、どうしてもケースそのものが大きくなりがち……

そこでおすすめなのが練りチーク。

指ひとつでサッと頬を明るく見せることができ、その上色持ちも粉チークに比べて◎!!

まさに一石二鳥。

私は普段は粉チーク派ですが、旅行用に小さな練りチークを二色ほど持っています。

⑥日焼け止めはコンパクトタイプのものが大活躍

妥協できないものの一つが日焼け止め。

いくら荷物をコンパクトにしたくても、日焼け止めは容器を移し替えられないし、大きくて嵩張るものが多い……

そんな中で便利なのがコンパクトタイプの日焼け止め!

大手メーカーも持ち歩きの需要を叶えるために、最近ではコンパクトタイプのものを出してくれているところも多いです。

ミニバッグ派の方であれば、日常的に持っておくと安心なアイテムなので、ぜひひとつは常備しておきたいですね。

⑦夜の保湿はフェイスパックならテンションまで上がる

私が旅行に必ず持っていくのがフェイスパック。

元々嵩張らないものなのに、使ってしまえば帰りには手ぶら。

旅先で万一持って行った化粧水や、乳液が足りなくなった際にも安心です。

私は面倒くさがり屋のため、旅先での保湿はフェイスパック+乳液のみにしています。

特別気分も味わえるのでおすすめです。

⑧ヘアオイルはエリップス一択

ヘアオイルも慣れたものを、先ほどご紹介したストローに詰めてもいいのですが、ストローを何本も用意するのは正直面倒……

そんな方におすすめなのが、一時期話題になったエリップスのヘアオイル。

髪質に合わせて色々な種類が選べる上に、超コンパクトで効果も抜群!

翌朝しっとりヘアーに驚かれることかと思います。

並行輸入品を購入すれば、かなり安く手に入れることができるため、私はいつもネットで50個入りを購入しています。

⑨アイシャドウは旅先でこそミニパレット

単色アイシャドウも勿論いいのですが、単色を複数持っていくより、ミニパレットを1つ持って行った方が断然コンパクト。

おすすめは、ケースが小さく、中にブラシが内蔵されているもの。

ブラシを持ち歩くとそれだけで嵩張り、ポーチの中身を汚れてデメリットは沢山。

ブラシ内蔵型のミニアイシャドウパレットは、お気に入りの色をひとつ見つけておけば何にでも使えるので大変便利です。

私のおすすめは、

  • メイン色
  • 締め色
  • 涙袋色
  • ラメ

が全て入っているもの。

4色あれば妥協しないバッチリメイクができるため、旅先での写真も怖くありません。

⑩ラディアントタッチは、ファンデ・ハイライト・コンシーラーの3役こなす

イヴサンローランの売れ筋商品でもある、ラディアントタッチ。

先が筆状になっており、ノックで液を少しずつ出して直接肌に塗ることができます。

これのメリットは、ペン状でとにかくコンパクトなところ!

ご自分の肌の色にしっかりと合わせてあげれば、

コンシーラー + ハイライト

ファンデ + コンシーラー

など様々な使い方が可能です。

ノーファンデ派さんなら、これ1本と下地だけでベースメイクが完成してしまう、超仕事のできるアイテムなんです。

スポンサーリンク

旅慣れ女子は、国内旅行で上手に荷物を減らす!

もっと身軽に旅したい!旅行の荷物を減らすためにしている7つのこと ...

今回は化粧品に絞った、旅行で荷物を減らす10のテクニックをご紹介しました。

全てトライすれば、あのパンパンになりがちなメイクポーチ超コンパクトに……!

せっかくの旅行だからこそ、試供品もいいけど、やっぱり使い慣れたものを持っていきたいし、当然メイクはバッチリきめたい。

荷物が軽くなれば動きも身軽に!

上手に工夫して、楽しい旅行をより良い思い出にしてください。

 

タイトルとURLをコピーしました