キレイ、オシャレ、遊び、お金。
OLが好きなもの、欲しいものを我慢せず全部手に入れるためのご提案

美容

「うっかり顔が日に焼けた…!」シミになる前に急いでやるべき対処法

美容
この記事は約5分で読めます。

こんにちは、たまみです。

日には絶対焼けたくない!

黒くなるのも嫌だけど、シミやシワになるのがもっと嫌!

だけど人間だもの。

「うっかり日に焼けた……」そんな日だってきっと誰しもあるはずです。

日焼け止め塗ってたはずなのに、いつの間にか落ちてたみたいで肌が火照ってる……! やってしまった……

天気悪いしいいや!と思ってノーガードで外出したら顔が真っ赤に……

まさか途中でこんなに晴れるだなんて思ってなかった! どうしよう……

ぬかっていた時に限って強い日差しに当たってしまいがち。

でも大丈夫、うっかり日焼けだって急いで対処すれば何とかなる!

本日は誰にでも起こりうる「うっかり日焼け」の対処法についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

「うっかり顔が日に焼けた…!」重点的に対処すべきは3日以内!

メラニンのしくみ

誰にでも起こりうる「うっかり日焼け」。

ズバリ、対処すべきは肌が日に焼けてしまってから3日以内!

紫外線をたっぷり浴びてしまった肌は、約3日後からメラニンが作られはじめ、約9日後にメラニンが定着します。

そのため、重点的に対処すべきは日に焼けて、メラニンが作られ始めるまでの、3日間以内!

メラニンが過剰に生成されると、本来は肌の生まれ変わりサイクルによって剥がれ落ちるはずだったメラニンが、どんどんと蓄積されシミとなって残ってしまいます。

それだけではなく、シワの原因にまでなってしまうため、「うっかり日焼け」は日焼けした日から3日以内の対処が最も大切になります。

スポンサーリンク

「うっかり顔が日に焼けた…!」シミになる前に急いでやるべき対処法

日焼け後のシミ対策とアフターケア|看護師ライフをもっとステキに ...

うっかり日焼けの対処に必要なのは、

  • 焼けてしまった肌のクールダウン
  • 保湿
  • 美白

の大きく分けて3ステップ。

「3日以内・3ステップ」と覚えておきましょう。

メラニンを定着させない、日焼けのダメージを持ち越さない徹底ケアをしてあげれば、大事な顔が焼けてしまってもまだ間に合うんです!

3ステップを以下より詳しくご説明いたします。

顔が日に焼けた対処①肌をクールダウンさせるべし!

日焼けした肌を冷やすことは効果的?日焼けの仕組みを知って適切な処理 ...

肌は長時間、強い日差しを浴び続けると赤くなることがあります。

赤くなった肌は、なんとヤケドと同じ状態……!

そのため真っ先にすべき対処法はヤケドの対処と同じもの。

まずは水や、冷やしたタオルを優しく焼けた肌に当てて、しっかりと熱を冷ましてあげてください。

ある程度赤みが抑えられたら、鎮静効果のあるアイテムでさらに火照りを抑えて、より肌をクールダウンさせましょう。

スプレーでさっと肌の火照りを鎮めることができるため、目に見えて日焼けしてしまった日以外にも大活躍!

アベンヌのウォーターは低価格ですが、鎮静効果もあるため万が一の時用に1つ持っておくことがおすすめです。

アベンヌ公式サイトから引用

顔が日に焼けた対処②しっかりと保湿するべし!

日中の保湿は「乳液」がおすすめな理由。うるおいと肌ツヤが回復します ...

焼けた肌は水分や油分が、極端に失われてしまっている状態。

既にお持ちのものでかまわないので、化粧水・美容液・乳液・クリームなどの、保湿アイテムをたっぷり使ってあげましょう。

普段よりも一層、保湿をすることによって、日焼けによって起こる乾燥による肌トラブルを防ぐことができます。

ちなみに、私のおすすめ保湿アイテムはこちら!

とにかく安い! + もったりプルップルのジェルが気持ちいいのでリピし続けています。

顔が日に焼けた対処③美白ケアもきっちりすべし!

正しい保湿とは?肌の保湿力が低下する原因と対処法|医肌研究所|医師 ...

紫外線によるダメージを受けた肌は早くそれを修復しようとして、皮むけなどの肌荒れや、メラニンの沈着などが怒りやすい状態です。

それを防ぐためにも日焼け後は、いつもよりスペシャルな美白ケアが必須!

美白効果のあるコスメでのケアを取り入れることにより、メラニンの排出を即品します。

不要な角質をやさしく取り除く

日焼けでダメージを受けた角層を優しくケアするためには、刺激の強いピーリングよりも、ふき取り化粧水がおすすめ!

ポイントはコットンにたっぷりと染み込ませ、肌との摩擦を最小限にまで抑えるという点。

肌を強く擦り過ぎてしまうと、不要な角質だけではなく、まだ新しい角質まで落としてしまい、反対にシワの原因になってしまいます。

シミの原因を徹底的に排除する

紫外線のダメージが蓄積されるとメラニンの代謝が滞り、黒いまま残ってしまうことも。

それがシミやそばかすの原因になります。

不要な角質を取り除いた後には、シミの原因にアプローチする美白ケアアイテムを投入しましょう。

ここでも蓄積する前に排除する、という点がポイントになるので、美白アイテムは安価なもので構いませんので、ひとつは家に置いておくと安心です。

スポンサーリンク

顔が日に焼けたら、3日以内・3ステップの徹底ケアが必須!

急げば間に合う!日焼けをした後に行うべきアフターケアとは? | 美容 ...

うっかり日焼けの後には、メラニンが作られるまでの3日以内

  • 焼けてしまった肌のクールダウン
  • 保湿
  • 美白

の3つのケアが必須になります。

肌が赤くなるほどの日焼けはヤケドと同じ。

ダメージを猛烈に受けてしまった肌は丁寧にケアしてあげなければ、シミやそばかす、シワの原因を作ってしまうことになります。

これからうっかり日焼けも増え始めるシーズン。

「ちょっと顔が熱いな? 焼けたかな……」

そう思ったらすぐに! 徹底的に! ケアして後悔しない肌づくりをしてあげてください。

タイトルとURLをコピーしました