キレイ、オシャレ、遊び、お金。
OLが好きなもの、欲しいものを我慢せず全部手に入れるためのご提案

ライフハック

国内旅行の荷物を減らす5のアイディア【LCC・7kgの壁を余裕でクリア】

ライフハック
この記事は約7分で読めます。

こんにちは、たまみです。

国内・海外問わず旅行が大好き!

国内旅行は、ライブでの遠征も含めると月に1度は必ずするほど大好き!!

しかし毎回悩みませんか?

そう、「荷物」。

 

国内旅行だから荷物は極力減らして、リュック1つで行きたい!

とはいえ……帰りのお土産のことを考えると、やっぱりスーツケースにすべき?

 

電車や公共交通機関での移動も多いし旅行の荷物はできるだけ減らしたい……

格安のLCCなんか7kg以下って厳しい条件まであるし、できれば課金もしたくない!

旅好きな皆さんにとっての永遠テーマ、「荷物を減らす、軽くする」

もちろん、車での旅行であれば荷物については気にしなくてもいいですが、新幹線や飛行機、公共交通機関を使うのであれば、ラクに動くために少しでも荷物は軽くしたいところ。

荷物をロッカーに預けるプチ出費や、飛行機での重量オーバーなど、塵も積もれば山となるで、意外と大荷物の弊害はお金にも関わってきます。

無理せず、必要なものを諦めない、それでいてコンパクトな荷造りができればいいのに……

本日はそんな皆さんの抱えるお悩みを、月1国内旅行で試行錯誤して築き上げたノウハウで、友人からはいつも

「たまみ荷物少なくない!?」

と必ず不思議がられる私が、解決のお助けをいたします。

スポンサーリンク

国内旅行の荷物を無理なく減らすにはまずバッグから

荷物をいくら厳選して減らしてガマンしたって、それを入れているバッグが重く嵩張るものであれば意味がありません。

私はバッグを以下の基準で分けております。

1泊~2泊3日 or LCC → リュック + ミニバッグ
3泊以上 or 非LCC  → スーツケース + ミニバッグ

叶えたいのは利便性とコスパのハイブリッド。

旅先では当然機動力を上げたいけど、だからといってそのためにお金を沢山払うのはちょっと……

少しでも旅の出費は抑えて、その代わり旅に出る回数を増やしたいと思ってしまいますよね。

私が国内旅行で使用するバッグのセットはもっぱらこちら!

何の変哲もない、リュックとボディバッグです。

ボディバッグには貴重品やすぐに取り出したいものを入れて、リュックには着替えやパジャマ、化粧品やその他諸々を雑に突っ込んでいきます。

スーツケースだとどれだけ軽いものをチョイスしたって、どうしても3kgは超えてきてしまう。

しかし適当なリュックと、お気に入りのボディバッグ(勿論ポシェットでも)なら2点合わせてもなんと500g以下です。

スーツケースと比べると2.5kgもの減量に成功!

とはいえ、やはり便利と言わざるを得ないスーツケース。

機内持ち込みサイズで軽量のものは、ひとつ持っておけば安心ですね。

スポンサーリンク

国内旅行の荷物を減らすには【LCC・7kgの壁を無理なくクリア】

国内一泊旅行の持ち物リスト。少なめ荷物で身軽に旅をしよう! | For your LIFE

たまに見かけるのが

「超軽量荷造り! 2泊3日なら着替えは持っていかないし何なら現地調達! 

持ってくとしても着まわせるようなベーシックな黒と白のみ!」

というアイディア。

確かに、究極の旅ミニマリストを目指すのならそれは正しい戦法かもしれません。

でもせっかくの旅行。

どうせなら、お気に入りの服でオシャレをして、沢山写真を撮りたいですよね。

私が提案する「旅行の荷物を無理なく減らす方法」は、

  • 持っていきたいものは持っていく
  • ただし、工夫して極限までコンパクトにして持っていく

がテーマです。

荷物の量も重さも妥協したくないけど、旅先での思い出はもっと妥協したくない。

それをテーマに、前置きも長くなりましたがさっそく以下より「無理なく旅行の荷物を減らすアイディア」についてご紹介していきます。

2泊3日までのLCC旅を想定し、私の実際のパッキングを写真で紹介しながら、荷物を減らすためのアイディアをご紹介していきます。

スポンサーリンク

国内旅行の荷物を無理なく減らすアイディア10選

さっそくですが、まずは私きが実際に2泊3日旅に持って行った荷物がこちら!

左上から解説すると、

下着の替え(2日分)、着替え上下セット、折り畳み傘、充電器とケーブル、ワイヤレスイヤホン兼ポータブル充電器、帽子、メガネ、はかり、マスク、除菌シート、化粧品ポーチ、サングラス、パジャマ、自撮り棒、予備のポケッタブルトートバッグ

です。

ちなみに気になる重さは……

なんと2.6kg!!

LCCの7kgの壁なんて相手にもならない!!

何ならまだお土産を4.4kgも買える!!!!

荷物は夏の国内旅行のアイテムでしたが、これが冬になって服の重さがたとえ1kg~2kg変わったとしてもまだまだ余裕があります。

2.6kgにたっぷり詰まった、国内旅行の荷物を減らすアイディアについて、次からご紹介していきます。

①LCCに乗るならラゲッジチェッカーは必須アイテム

荷物の重さをどこでも気軽に計れるラゲッジチェッカーは、旅好きさんたちにとっては必須アイテム。

とくにLCCに乗るならこれなしでは始まらないと言っても過言ではないでしょう。

最近の空港には、以前のように無料の量りが置いていないところもちらほら。

有料だったり、探すのに時間がかかったり。

しかしこれさえ持っておけば、ホテルでパッキングをしている時点から、荷物の重さがバッチリ分かりますよね。

ラゲッジチェッカー自体も、非常にコンパクトで軽量なのが何よりも嬉しいポイント。

最悪ポケットの中に突っ込んでしまえばオールオッケー!^^^^

安価なので是非一つは持っておきましょう。

②ポケッタブルバッグは旅先での最強のお守り

リュックとミニバッグだけならたったの500g!

でも……行きしなは荷物が全て入りきるかもしれませんが、帰りにお土産が増えると困りますよね。

そこで非常に役立つのが、こちらのようなポケッタブルバッグ。

私はメインバッグをリュックにしているため、広げると大きなトートバッグになるタイプのものを選んでいます。

価格も2,000円~あり非常にお手頃、かつ重さは400gと軽量、それでいて荷物の少ない行きしなには畳んでリュックの中に適当に沈めておけるという、非常に非常に優れものです。

メインバッグをトートバッグにするのならば、ポケッタブルバッグはリュックタイプを選択するのもいいかもしれません。

ポイントとしては、簡易なエコバッグタイプではなく、きちんとファスナーで開け閉め出来るものを選ぶのがおすすめです。

③ポーチは耐水性のある大きなものを1つに絞る

私は化粧品やポケットティッシュ、常備薬、コンタクトの洗浄液etcを全て1つのポーチにまとめて入れています。

1つずつは軽くてコンパクトなポーチでも、沢山増えると嵩張るし重くなります。

どのポーチに何を入れたのか探し回る必要もなくなるため、私は水に濡れても大丈夫なビニール製の大きなポーチを1つだけ持っていくことにしています。

旅行から帰った際の片づけも非常にラク!

ビニール製なら、外から中が見えるので探し物もすぐに見つかり便利です。

④3in1の充電ケーブルがライフハック

旅先だけではなく、日常的にも非常に便利なのがこの3in1のタイプの充電ケーブル。

mac製品、タイプC、microUSBが先っぽに全て付いたこのケーブルは、たった1本持っていくだけで全てのガジェットを充電することができます。

旅行先のホテルのコンセント数を気にして、延長コードを持っていくこともなくなります。

充電速度は少し落ちますが、同時給電も可能!

ケーブルをいちいち抜き差ししなくていいので、私は自宅内でもこのタイプを日ごろから使用しています。

⑤イヤホンはポータブル充電器にもなるものも

旅先で沢山写真を撮っているうちに、気が付けば充電が無くなってしまった!

そんなトラブルの可能性を考えると、ぜひとも持っていきたいのがポータブル充電器。

旅先で非常に便利なのが、ケースがポータブル充電器にもなるタイプのワイヤレスイヤホンです。

これは日常的にも、別にポータブル充電器を持ち運ばなくてよくなるため荷物のミニマリスト化がはかどるんです!

私がずっと愛用しているのは、音質もパーフェクトなAVIOT製。

飛行機の中で音楽を聴きながら、スマートフォンの充電も出来るのが嬉しいですね。

LCCの制限7kgなんて朝飯前、国内旅行で上手に荷物を減らす!

必要なものだけ持って出かけよう!『国内一泊旅行』の【持ち物リスト】 | キナリノ

今回は旅行で荷物を減らす5のテクニックをご紹介しました。

夏場はたった2.5kgで2泊3日旅を楽しむことができる!

荷物が軽くなれば動きも身軽に、ちょっぴり浮いたお金で次回の旅行に!

上手に工夫して、楽しい旅行をより良い思い出にしてください。

タイトルとURLをコピーしました