楽天モバイル8,000ポイントプレゼント[1/7(木)8:59まで]

CBDの効果がでない…原因と対処法3点【初心者向け】

CBD 効果 ない

こんにちは、たまみです。

イライラ・不眠・慢性的な頭痛・晴れない悩みetc・・・・

CBD製品に助けを求める原因は様々。

購入しようにも価格も安いものではないし、稀に見かける「効果がない」「効かなかった」というレビューによって、より一層二の足を踏む方も多いのではないでしょうか。

 のアイコン画像 

CBDって本当に効果があるの?
どうしても睡眠不足に悩んでるから、一番効果のある使い方を知りたい……

 のアイコン画像 

CBDをせっかく買ったのに効果がでない……!
自分には効かなかったと諦めるしかないの!

本日はCBDの効果が出ないときの原因と、是非試してもらいたい対処法について解説していきます。

目次

CBDの効果一覧

今回私は主に、「睡眠の質を上げる」「イライラを抑える」ということを目的にオイルタイプのCBDを購入しましたが、CBDの効果は他にも沢山あります。

CBDの主な効果
・睡眠の質を高める

・脳と身体をリラックスさせ、イライラを鎮める
・体の痛みや炎症を緩和させる
・タバコやアルコールの依存症を緩和させる
・血圧を下げる
・ニキビなどの肌トラブルを解消する

CBDの効果がでないときの原因と対処法3点

CBDの効果が出ないからといって、摂取量を闇雲に増やせばいいというわけではありません。

購入したCBDの摂取量や摂取方法は守りつつ、以下の点について一度確認をしてみてください。

「そもそもCBDの効果自体が疑わしい……」という方へ向けて、CBDオイルの効果を客観的に検証した記事も合わせてご参考ください。

①購入したCBDが粗悪品・偽物であった

CBDの効果がでないとき、まずはじめに原因として考えられるのが粗悪品や偽物の購入です。

海外では既に定着しつつあるCBD習慣ですが、日本ではまだごく一部の人たちにしか知られていない状況。

そんな中で「安いから」という理由だけで、商品についてよく確認せずに購入してしまうと、粗悪品をつかまされるリスクがあります。

粗悪品のCBDを購入しないためにも、以下の点に注意して選びましょう。

・安価すぎるものを選ばない
・含有量と濃度を確認する
・メーカーを確認する。海外直送品は避ける

安価すぎるものを選ばない

CBDの価格は含有量によって明確に決まります。

たとえば高濃度を謳っているにも関わらず、同じ含有量の商品と比べて飛びぬけて安価なものは、偽物・粗悪品・そもそもCBDを含んでいないという可能性が高いです。

含有量と濃度を確認する

CBDの含有量は「〇〇mg」、濃度は「〇〇%」といったように、購入サイト・商品本体には必ず記載があります。

その記載が無い場合はまず偽物だと思って間違いありません。

また、高濃度すぎるもの(具体的には15%以上)を示す商品は、初心者の方は避けることをおすすめいたします。

メーカーを確認し、海外直送品を避ける

購入する前に、必ずメーカーの公式サイトを確認するようにしましょう。

詳細まで読まずとも、少しでも怪しい、胡散臭いと思った場合には避けるようにしましょう。

  • 日本語が不自然
  • ページが整理されていない
  • そもそも公式サイトがない
以上に当てはまった場合は注意が必要です。

また、海外直送品は日本の法律に一部抵触している商品を、その事実を隠して販売していることもあります。

極力、日本のCBDブランドや、日本に正規代理店があるブランドを選ぶようにしましょう。

日本発CBDブランド METAS(ミタス)

日本発のCBDブランド「METAS」は安全性と成分に最もこだわっているところがポイント。

METASのCBDオイルの種類は大きく2点。

① CBD配合率1%
低用量CBDオイル。香水やマッサージオイル、バスオイルにも使える。
CBD特有の「草のような臭い」を抑え、アロマのような4種類の香りで展開されています。
「まずはCBDオイルを少しだけ試してみたい」という方へおすすめ。

②CBD配合率5%・10%
私が現在使用している5%濃度と、それよりも高濃度な10%オイル。
無香料のため食事の邪魔をせず、スムージーに数滴加えて摂ることもできます。
5%・10ml・6,600円と安価なため、安全性はもちろん価格にもこだわりたい方へおすすめ。

②CBD摂取量が自分に合っていない

CBDは摂取量を2倍にしたからといって、効果も2倍強く出るというものではありません。

CBDには個人ごとに効果の出る量や頻度に差があります。

購入されたCBDに記載された摂取量の中で、ご自身にとって最も効果のある容量・摂取回数を探してみることも重要です。

・いつ、どれだけ摂取したかの記録をつける
・CBD摂取をきちんと継続させる

いつ・どれだけ摂取したのか記録する

CBDの効果を最大にするために必要なのは、自分にとっての適切なCBD摂取量を把握するという点です。

CBDオイルであればまずは一滴から、CBDベープであれば1パフから摂取し、効果が完全に抜けたのを感じてから、徐々に容量を増やしていきます。

毎回の摂取後の気分や、その後の持続時間についてをスマートフォンなどに記録し、最も自分に効果のある容量を探していきましょう。

この「適切摂取量に個人差がある」というのは、コーヒーをどれだけ飲んだら眠気が吹っ飛ぶか、という個人差によく似ています。

CBDオイルにも効きやすい人、効きにくい人がいるため、ご自身がどちらのタイプであるのかを確認することが必要となります。

CBD摂取を継続させる

CBDの効果には個人差があり、稀に、定期的な摂取を数日、数週間続けなければ効果が出ないという人もいます。

即効性を求めてCBDを購入された方はガッカリするかもしれませんが、CBDは市販されている薬のように、誰にでもすぐに効く、というものではありません。

使用して1日ですぐに「効果がでない! 不良品だ!」と言って諦めるのではなく、まずはその購入されたCBDを全て摂取しきるまで、ゆっくりと継続に取り組んでみてください。

③CBDの摂取方法を変えてみる

CBDの摂取方法は様々あります。

摂取したCBD成分が体に吸収しにくい順からご紹介します。

経口摂取……CBDグミや、CBDカプセル
舌下摂取……CBDオイル
ベイピング(気化摂取)……CBDリキッド

経口摂取ではCBD成分のほんのわずか、4~10%ほどしか摂取できないと言われており、CBDオイルなどの舌下摂取であれば約20%、CBDリキッドによる気化摂取であれば約40%ものCBDを吸収できると言われております。

つまり、ベイピングによる気化摂取であれば、少量のCBDリキッドで十分な量のCBD成分を体内に吸収できるということです。

CBDの経口摂取

CBD成分吸収量:4~10%

CBDグミや、CBDカプセルによる経口摂取のメリットは、まず第一に摂取のしやすさが挙げられます。

その分体内に吸収できる容量は少なくなってしまうため、少量の摂取であれば中々効果は感じにくくなる可能性があります。

また、食べ物と同じように消化されるため、血流にのるまでに時間がかかる、すなわち効果を感じるまでにも時間がかかります。

効果の即効性よりも、「少し気持ちを穏やかにしたい、肌トラブルを緩和させたい」という方へおすすめの方法です。

はじめてのCBDに DropStone

DropStoneはカラダへの優しさを何よりも大切にした、完全植物性のCBD製品を生産しています。

「はじめてのCBD」をコンセプトに、スムーズな睡眠、集中力を高めるためのソフトカプセル型CBDは、まずは初心者向けのCBD製品を購入してみたい、という方へぴったり。

ソフトカプセル型CBD
集中して仕事をしたいときには少量、スムーズな睡眠をしたい場合は少し多めに、とカプセル式のため摂取容量を調節しやすいのがポイント。
価格も非常に安価で、カラダの健康を何よりも大切にしているため、入門編CBDとしておすすめ。

CBDの舌下摂取

CBD成分吸収量:15~20%

舌下(ぜっか)とは、舌の裏のこと。

肝臓を通さず直接血流へCBDを乗せることができるため、経口摂取よりも吸収可能量は多くなり、効果を感じるまでの時間も早くなります。

舌下にオイルを数滴垂らし、1分以上そのままとどめておくことがポイントです。

「少しイライラする」「夜に中々寝付けないことがある」という方へおすすめです。

女性向けCBDブランド Octo

Octoは安全性についてはもちろん、「女性のためのCBDオイル」を目指したブランド。

原料の生産から製品の製造にかけて、全てを一社で行うことで、より高い品質を保っています。

CBDオイル
OctoのCBDオイルは多くのメディアにも紹介された実績のある、安心できるブランド製品です。
ポーチに入れても浮かないシンプルなデザインは、女性だけではなく男性にもおすすめ。
仕事中に溜まったストレスをリフレッシュさせたいときのお守りに、中々寝付けない夜の睡眠導入剤にすぐ手元に置いておきたくなりますね。

CBDの気化摂取(ベイピング)

CBD成分吸収量:35~45%

肺や粘膜から直接成分を吸収できるため、最も効果を感じやすいと言われているのがベイピングによる摂取です。

ベイピングとは、電子タバコのような専用の機器を使い、気化させたCBDを吸い込む方法。

「日々のストレスに悩んでいる」「睡眠不足が続く」という、今すぐにでも効果を求める方へおすすめです。

国内生産にこだわる CANNERGY(カナジー)

CANNERGYは安全性を追求し、日本国内工場で生産されているCBD製品。

主な製品は、オイルタイプではなくタバコのように気化して摂ることのできる、リキッドタイプのCBD。

リキッドスチーマー型CBD
オイルタイプであれば一定ある、草のように苦みやえぐみが無く、簡単、手軽で衛生的なところが利点です。
カジュアルで非常に洗練されたデザインのため、性別問わず、外出先などでも気軽に楽しむことができます。
スターターキットはスチーマー本体と、CBDリキッド5%込みで7,560円から購入できるリーズナブルさも嬉しいですね。

CBDの効果がでないときの原因と対処法

「CBDについて気になっているけど効果が出なかったら嫌だな」と購入を悩まれている方。

「せっかくCBD製品を購入したのに効果が感じられない……」とがっかりされている方へ向けて、CBDの効果がでないときの原因と対処法についてお伝えしました。

様々な効果があると言われているCBD。
恒常的なストレスや睡眠不足に悩む方はもちろん、私のように「いざというときのお守り」としてもおすすめです。
皆さんのより良い生活のご参考になれば幸いです。
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる